大阪市(淀屋橋、北浜)の歯科医院、河村歯科医院です。インプラントから無料健診や歯のクリーニング、ホワイトニングなど幅広い診療を行っています。

歯周病

ホーム > 歯周病

歯周病治療

歯周病とは、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが破壊される病気で、 かつては歯槽膿漏と言われていました。
歯と歯ぐきの境目(歯周ポケット)に細菌が入り、歯肉が炎症を起こし赤く腫れて、ブラッシング時に出血します。
しかし、痛みは全くありません。 さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて、膿が出たり歯がグラグラしてきます。
この時期になると、やっと痛みや腫れをともないます。
そして、最後には歯が抜けてしまいます。
その理由として、初期の段階では虫歯のように歯に穴があいたり、痛くなったりと言ったはっきりとした症状が現れにくく、 かなり進行しないと、痛みや腫れと言う自覚症状が現れないからです。 さらに、日本人には歯の定期検診を受ける習慣があまりないこと、また歯周病を確実に治療できる歯科医が残念ながら 非常に少ないことなどが考えられます。一生自分の歯で噛むためには、むし歯の予防と同時に歯周病の予防と適切な治療が大切なのです。

歯周病治療の基本的な流れ

歯を失うと、見た目の印象が老けてしまったり、健康をがいしたり、楽しい生活が送れなくなってしまう可能性があります!
痛みなく進行する歯周病だからこそ、今すぐにでもケアが必要です。
日頃からのケアで、健康な歯を長く維持できます!

STEP1 歯周病組織検査【1】 診断・治療計画の立案

・歯周病ポケットの数値を調べます。(歯周病の進行具合を調べる検査)
・プラーク(歯についている汚れ)の付着状況を確認

STEP2 スケーリング、プラークコントロール

・歯に付着しているプラーク、歯石、その他沈着物をスケーラー等で機械的に除去します。
・歯周病の原因となる汚れを除去していく事で歯ぐきが引き締まっていきます。

STEP3 歯周病組織検査【2】

・スケーリング、プラークコントロールを行った事での歯ぐきの変化のチェックを行います。

STEP4 スケーリング、ルートプレーニング

・歯周病が進行しており歯ぐきが腫れていると歯の根にまで歯石が付着してしまいます。(歯肉縁下歯石)歯肉縁下歯石がついている歯はさらに歯周病の進行につながるので除去します。
・痛みがある場合は麻酔をしますので処理中の痛みはほとんどありません。

STEP5 歯周病組織検査【3】

・スケーリング、ルートプレーニング後の歯ぐきの状態を確認します。
・問題点が改善されれば、メンテナンスに移行し歯ぐきの健康状態の維持を目指していきます。

その他の歯周病の治療方法

歯周外科手術

比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができますが、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周外科手術が必要となる場合があります。

歯周内科治療

顕微鏡検査によりお口の細菌の種類や数などを検査し、その細菌に合うお薬や歯磨き粉、洗口剤を用いてお口の中をきれいに除菌する治療法です。これらを行うことにより、歯周病菌を効率よく除去する事ができます。

 
Copyright© 2017 河村歯科医院 All Rights Reserved.